革新的な開発・大発見はマイクロスコープや3Dプリンター

パソコンと男性

光学から電子

ネット

光を使わない機器

顕微鏡は、色んな進化系が登場してきました。学校で使われるような光学から、電子へと進化しました。今回は、その電子顕微鏡からさらなる進化を遂げた機器について解説していきます。その名も透過型電子顕微鏡です。今までの電子顕微鏡は、性能は上がっているものの原則や原理としては、従来のものと変わりありませんでした。つまり、使われる発光体が、太陽光か機械光かの違いでしかなかったです。今回紹介する機器は、そういう意味では根本的な原理が違います。原理として一番似ているのは、影絵です。影絵はあくまで光をあてて、その反射によって影を見せるというものです。透過型は、光ではなく電子ビームを観察物の背後から照射して、観察を可能とさせるのです。具体的にこの機器が、どのようなことを可能にするのでしょうか。従来の機器では、光の波長に限界があるため、どうしてもある倍率を境に見えなくなるものがありました。それが、今回紹介した機器によって、より小さなものを見ることができるようになったのです。3Dスキャナやプリンターとは、違う進化を遂げています。

観察と技術

技術の発展は、まさに科学の歩みとともに進んできました。今回紹介する顕微鏡や、3Dスキャナ、プリンターは、これからあらゆる学術分野や、業界で活躍が期待される機器です。具体的にどんな進化をしているのかというと、より多くの仕事がこなせるようになっています。顕微鏡の場合は、機械と組み合わせることによって観察者の手間が省けるように便利になっています。