革新的な開発・大発見はマイクロスコープや3Dプリンター

システム

メリットと注意点

ネットワーク

顕微鏡の進化によって、幅広い分野で活躍することができます。3Dプリンターを利用するときは設計を行なわないといけませんが、新たに3Dスキャナーによっていろいろな物を作りやすくなるでしょう。

光学から電子

ネット

顕微鏡はいろいろな進化されており、学校でも光学から電子に変わってきています。これらの性能はとても優れています。これらの特徴や機能性などについて知識をつけておきましょう。

技術革新と生活

IT

顕微鏡や3Dプリンターなどはどんどんと進化していっています。その中で人間も進歩していくことが大切になります。使い方によっては害がでる危険性もあります。使う方の進化によって技術を最大限に発揮できるでしょう。

あらゆる事業で

ネットワーク

3Dスキャナやプリンターが、どのような分野で活躍しているのか解説していきます。マイクロスコープの場合は、ある程度はっきりしていて、より細かい物体を観察することで利益をえる分野が対象の機器でした。そこで、3Dプリンターや3Dスキャナの場合は、様々な分野で実際に活躍されています。典型的なもので言えば、建築分野での利用です。建築分野でのプロジェクトなどで使われていたミニチュアを、プリンターで出力しているのです。従来のミニチュアなどよりも、早くてコストがかからない形でできています。また、変わった分野で使われている例では、保険業界での利用です。アメリカなどの保険業界では、自動車事故などで保険金が実際に払わなくてはならないケースなのか考えるために使われています。詳細な現場でのシミュレーションをするために、3Dスキャナを使うそうです。また、広範な事業を執り行う官庁でも使用される可能性があるでしょう。保険の例を見れば分かる通り、重要な案件の場合は現場をスキャンすることで解決の糸口が見つかるかもしれません。公共工事などでも、スキャンとプリンターで、より細かい点で企画を詰めることが可能となります。まさに、より大きな分野や事業で、活躍の機会があるといえるでしょう。
3Dプリンターやマイクロスコープは幅広い分野で活躍しています。どんな業界でも有効に使うことで業務の幅も広がっていくでしょう。まだ導入を検討している企業は情報を収集してみるといいでしょう。