革新的な開発・大発見はマイクロスコープや3Dプリンター

パソコンと男性

メリットと注意点

ネットワーク

顕微鏡の進化の場合は、人員を削減するのに役立つものではありません。したがって、技術が進化することで雇用が経ることはないのです。しかし、3Dスキャナやプリンターの場合は違います。より広範な使い方ができる汎用性の高い技術なので、あらゆる分野に拙速に取り入れられたら、社会的ショックがあるかもしれません。プリンターが登場した当初は、そんなに社会的ショックは心配されてはいませんでした。3Dプリンターだけでは、製造の全てを行うことができないからです。製造で一番大事な設計という技術が、一部の企業に独占されていたので、一般人ではできませんでした。ですが、3Dスキャナが一般に認知されるようになると、話が変わってきます。スキャナが登場する以前は、設計データが公開されているサイトでデータを手に入れたりしていました。もしくは、CADなどの設計ソフトの知識を得て、一から設計データを作るのが関の山だったのです。それが、スキャナが登場することによって、文字通り何でもスキャンによって作ることが可能となりました。まだまだ性能が及ばないので、大規模な工業製品は作成ができません。しかし、次第にその分野にまで技術が及びそうです。導入には、慎重をきしたほうが良いでしょう。
顕微鏡はマイクロスコープとして多くの研究所や大学で導入されています。設計ソフトを利用して多くの物を作ることができるので、これらからの製造が楽しみになってきます。